ConFoo Montreal 2017 Calling for Papers

必要なものは?

本チュートリアルでは、使用するサーバーで PHP が使用可能であり、 .php で終わる全てのファイルが PHP で処理されることを仮定します。多くのサーバーでは、PHP ファイルに関してこれがデフォルトの拡張子ですが、 確実なのはサーバーの管理者にきいてみることです。サーバーが PHP をサポートする場合、何もする必要はありません。 .php ファイルを 作成して Web ディレクトリに置くだけで、 サーバーがこれを自動的にパースしてくれます。 何もコンパイルする必要はなく、他のツールをインストールする必要もありません。 PHP のファイルは、あなたが行なう全ての処理を実装した特殊なタグを通常の HTML ファイルに追加したものと考えると良いでしょう。

ここでは、貴重なネットワーク帯域を節約するために、 ローカルに開発を行うことにしましょう。この場合、 » Apache のような Web サーバーと、 当然、» PHP をインストールすることになります。また、多くの場合には、 » MySQL のようなデータベースもインストールすることになるでしょう。

これらは個別にインストールすることもできますし、 より簡単な方法でインストールすることも可能です。 このマニュアルには、 PHP のインストール手順 (Web サーバーが設定済みであると仮定しています) があります。 PHP 自体をインストールする際に問題が発生した場合、 » インストールに関する メーリングリストで質問することをお薦めします。 より簡単にインストールを行いたい場合には、 使用するオペレーティングシステム用の » 設定済みのパッケージ を利用することもできます。これにより、 数回のマウスクリックで自動的にこれらをインストールすることができます。 MacOSX、Linux や Windows を含む、あらゆるオペレーティングシステムにおいて Web サーバーで PHP を使用できるように設定することは簡単です。 Linux の場合、RPM の場所を知るために » rpmfind» PBone が有用でしょう。 Debian 用パッケージをみつけるには、» apt-get にアクセスするとよいでしょう。

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top