PHP 7.0.0 RC 2 Released

PHP および DTrace の使用

DTrace 動的トレーシングをサポートするプラットフォームでは、 DTrace 静的プローブ付きで PHP を構成できます。

DTrace 静的プローブのために PHP を構成

OS の DTrace サポートを有効にするには、 プラットフォーム固有の外部のドキュメントを参照してください。 例えば、Oracle Linux では UEK3 を起動して下記を行います。

# modprobe fasttrap
# chmod 666 /dev/dtrace/helper

chmod を使用する代わりに、 デバイスのアクセスを特定のユーザーに制限するために ACL パッケージ・ルールを使用できるでしょう。

--enable-dtrace 構成パラメータとともに PHP をビルドします。

# ./configure --enable-dtrace ...
# make
# make install

これは、 コア PHP で静的プローブを有効にします。 それら自身のプローブを提供するどの PHP 拡張モジュールも、 共用拡張モジュールとして別々にビルドするべきです。

コア PHP の DTrace 静的プローブ

PHP では、以下の静的プローブが使用できます
プローブ名 プローブの説明 プローブの引数
request-startup リクエスト開始時に発射されます。 char *file, char *request_uri, char *request_method
request-shutdown リクエスト・シャットダウン時に発射されます。 char *file, char *request_uri, char *request_method
compile-file-entry スクリプトのコンパイル開始時に発射されます。 char *compile_file, char *compile_file_translated
compile-file-return スクリプトのコンパイル終了時に発射されます。 char *compile_file, char *compile_file_translated
execute-entry op コードの配列が実行される際に発射されます。 例えば、関数の呼び出し、インクルードおよびジェネレータ続行時に発射されます。 char *request_file, int lineno
execute-return op コードの配列の実行後に発射されます。 char *request_file, int lineno
function-entry PHP エンジンが、PHP の関数またはメソッドの呼び出しに入り込む際に発射されます。 char *function_name, char *request_file, int lineno, char *classname, char *scope
function-return PHP エンジンが、PHP の関数またはメソッドの呼び出しから戻る際に発射されます。 char *function_name, char *request_file, int lineno, char *classname, char *scope
exception-thrown 例外がスローされる際に発射されます。 char *classname
exception-caught 例外が捕捉される際に発射されます。 char *classname
error error_reporting レベルにかかわらず、 エラー発生時に発射されます。 char *errormsg, char *request_file, int lineno

PHP 拡張モジュールには、追加の静的プローブもあるかもしれません。

PHP の DTrace 静的プローブ一覧

使用できるプローブを一覧表示するには、 PHP プロセスを開始して以下のように実行します。

# dtrace -l

出力は以下のようになります。

   ID   PROVIDER            MODULE                          FUNCTION NAME
   [ . . . ]
    4   php15271               php               dtrace_compile_file compile-file-entry
    5   php15271               php               dtrace_compile_file compile-file-return
    6   php15271               php                        zend_error error
    7   php15271               php  ZEND_CATCH_SPEC_CONST_CV_HANDLER exception-caught
    8   php15271               php     zend_throw_exception_internal exception-thrown
    9   php15271               php                 dtrace_execute_ex execute-entry
   10   php15271               php           dtrace_execute_internal execute-entry
   11   php15271               php                 dtrace_execute_ex execute-return
   12   php15271               php           dtrace_execute_internal execute-return
   13   php15271               php                 dtrace_execute_ex function-entry
   14   php15271               php                 dtrace_execute_ex function-return
   15   php15271               php              php_request_shutdown request-shutdown
   16   php15271               php               php_request_startup request-startup

PROVIDER 列の値は、php および 現在実行中の PHP プロセスのプロセス ID から構成されます。

Apache Web サーバーが実行中の場合、モジュール名は、例えば libphp5.so かもしれません。 そして、実行中の Apache プロセスごとに 1 つ、 一覧表の複数のブロックが存在するかもしれません。

FUNCTION 列は、各プロバイダが配置された PHP 内部の C 実装関数名を参照します。

PHP プロセスが実行されていない場合、PHP プローブは表示されません。

PHP についての DTrace の例

この例では、DTrace の D スクリプト言語の基本を示します。

例1 DTrace を使用してすべての PHP 静的プローブをトレースするためのall_probes.d

#!/usr/sbin/dtrace -Zs

#pragma D option quiet

php*:::compile-file-entry
{
    printf("PHP compile-file-entry\n");
    printf("  compile_file              %s\n", copyinstr(arg0));
    printf("  compile_file_translated   %s\n", copyinstr(arg1));
}

php*:::compile-file-return
{
    printf("PHP compile-file-return\n");
    printf("  compile_file              %s\n", copyinstr(arg0));
    printf("  compile_file_translated   %s\n", copyinstr(arg1));
}

php*:::error
{
    printf("PHP error\n");
    printf("  errormsg                  %s\n", copyinstr(arg0));
    printf("  request_file              %s\n", copyinstr(arg1));
    printf("  lineno                    %d\n", (int)arg2);
}

php*:::exception-caught
{
    printf("PHP exception-caught\n");
    printf("  classname                 %s\n", copyinstr(arg0));
}

php*:::exception-thrown
{
    printf("PHP exception-thrown\n");
    printf("  classname                 %s\n", copyinstr(arg0));
}

php*:::execute-entry
{
    printf("PHP execute-entry\n");
    printf("  request_file              %s\n", copyinstr(arg0));
    printf("  lineno                    %d\n", (int)arg1);
}

php*:::execute-return
{
    printf("PHP execute-return\n");
    printf("  request_file              %s\n", copyinstr(arg0));
    printf("  lineno                    %d\n", (int)arg1);
}

php*:::function-entry
{
    printf("PHP function-entry\n");
    printf("  function_name             %s\n", copyinstr(arg0));
    printf("  request_file              %s\n", copyinstr(arg1));
    printf("  lineno                    %d\n", (int)arg2);
    printf("  classname                 %s\n", copyinstr(arg3));
    printf("  scope                     %s\n", copyinstr(arg4));
}

php*:::function-return
{
    printf("PHP function-return\n");
    printf("  function_name             %s\n", copyinstr(arg0));
    printf("  request_file              %s\n", copyinstr(arg1));
    printf("  lineno                    %d\n", (int)arg2);
    printf("  classname                 %s\n", copyinstr(arg3));
    printf("  scope                     %s\n", copyinstr(arg4));
}

php*:::request-shutdown
{
    printf("PHP request-shutdown\n");
    printf("  file                      %s\n", copyinstr(arg0));
    printf("  request_uri               %s\n", copyinstr(arg1));
    printf("  request_method            %s\n", copyinstr(arg2));
}

php*:::request-startup
{
    printf("PHP request-startup\n");
    printf("  file                      %s\n", copyinstr(arg0));
    printf("  request_uri               %s\n", copyinstr(arg1));
    printf("  request_method            %s\n", copyinstr(arg2));
}

このスクリプトは、dtrace に対して -Z オプションを使用します。 それにより、実行中の PHP プロセスがない場合に実行できるようになります。 もしこのオプションが書き落とされた場合、 モニターされているプローブがどれも存在しないことがわかっているので、 スクリプトは即座に終了します。

スクリプトは、PHP スクリプト実行中の期間全体にわたって、 すべてのコア PHP 静的プローブ・ポイントをトレースします。 D スクリプトを実行します。

# ./all_probes.d

PHP スクリプトまたはアプリケーションを実行します。 モニタリングの D スクリプトは、各プローブが発射されるたびに その引数を出力します。

モニタリングが完了した際には、^Cを使用して D スクリプトを終わらせることができます。

マルチ CPU マシンでは、プローブの順序は規則的に連続して表示されないことがあります。 これは、どの CPU がプローブを処理し、 CPU の間をスレッドがどのように移動したかに依存します。 プローブのタイムスタンプを表示すると、 混乱を減らすことができます。 その例です。

php*:::function-entry
{
      printf("%lld: PHP function-entry ", walltimestamp);
      [ . . .]
}

add a note add a note

User Contributed Notes

There are no user contributed notes for this page.
To Top